レーシックを体験した人の話

レーシックを体験した人の話

私は、3人の方からレーシック生の体験談を聞きました。
その感想は、3人とも
「レーシックやって近視が治りました。良かったですよ!」と言ってました。

 

 

体験者3人とは実際に会って話しました。
ウソを言う人たちではないので、レーシックが良いということは信じてはいました。

 

ですけど、私はレーシックを受ける決心がなかなかつきませんでした。
因みに、その3人とも2007年くらいにレーシックを受けたと言っていました。
3人とも受けたのは品川近視クリニックです。

 

やはり品川近視が一番人気ですし、良い評判ですよね。

 

 

自分でレーシッククリニックを探し始める

 

 

私が積極的にレーシックを調べ出したのが
2010年5月頃です。

 

それから、レーシックを受けるまでに1年ちょっとかかるわけですが、
口コミ情報やレーシックの評判を
ネットで調べたり、実際にレーシックを体験した人の話を聞きました。
その甲斐あって、レーシックの実態・動向についてはよく分かりました。

 

 

レーシックの最大手「品川近視クリニック」は何の問題もなさそうでした。
その他に、神戸神奈川アイクリニック錦糸眼科南青山アイクリニック
みなとみらいアイクリニック大船田園眼科安藤眼科向ヶ丘遊園クリニック
慶応大学病院などを候補に、評判や口コミを調べました。

 

 

 

大学病院は何となく信頼できそうでしたが、
費用がとてつもなく高い!
場所によるのでしょうが、片眼30万円くらいします。

 

 

慶応大学病院医学部や東京歯科大学水道橋病院眼科のレーシック、
随分とレーシックの料金が高いです。何がそんなに良いのかと言ったら
そんなに良いことはありませんでした。

 

受ける人が少ないからコストが上がる、それだけのことでした。

 

 

 

やはり餅は餅屋、
レーシックはレーシッククリニックで受けるのが良さそうだと思いました。

 

 

レーシッククリニックは、適応検査の時、流れ作業のようにやっていくと聞いていました。
流れ作業という言葉がどうも引っかかっていたのですが、
その体験者から、教えてもらったことには
「手馴れていて良かったですよ」とのことでした。

 

流れ作業という表現は良くないかもしれませんが、手馴れているとも言う・・・
それもそうだなと私は思いました。

 

 

レーシックの失敗という話も読みました。
レーシックの失敗には大きく分けて2つあることが分かりました。

 

 

1.杜撰な管理体制

 

一度使った手術器具を
しっかり洗浄、殺菌せず
それを別の患者に使ったという
言語道断なクリニックの院長が
新聞沙汰になっていました。

 

 

色々なクリニックの情報を調べてみると
これはただ単にこのクリニックが
不衛生だっただけということが分かりました。
レーシックの失敗とは話が違うことが分かりました。

 

 

2つ目は過矯正の問題です。
過矯正は、次のページに書きます。

 

レーシックの失敗→過矯正のページに進む


 
TOPページ 適応検査当日 レーシック手術本番! 近視克服!翌日検診 レーシック手術のデータ