レーシッククリニックに申し込み

ついに申し込み

品川近視クリニックは、レーシッククリニックの中でも有名で芸能人もたくさん受けています。
結構、色んな体験談・クチコミなどにお名前が登場しているのを見ました。

 

品川近視クリニックで受けた有名人(敬称略)
松本伊代、保阪尚希、秋本祐希、堀ちえみ、加藤和樹、
本橋陸江、岡元あつこ、

 

スポーツ選手
平塚哲二(ゴルフ)、角田信朗、長屋宏和(レーシングドライバー)、柳本啓成

 

実際、近視状態の人がレーシックレーザーを当てて、視力1.5になった!
という体験談が続出しています。

 

 

品川近視クリニックは症例数、実績がNo1で、
一番人気があるクリニックだということが分かりました。

 

その他のクリニックも調べてみましたが、品川近視クリニックに決めました。
親、兄弟も「一番有名だし、評判も良いみたいだし、そこにしたら」と言ってくれたことも
決心の後押しになりました。

 

 

 

私は受けるコースは確実に決めていませんでした。
適応検査を受けてみて、私の目の状態に合っているコースを選ぼうと思いました。
目の状態を診てもらってから決めようと思いました。
普通はイントラレーシックが一番オーソドックスらしいので
それがいいと思っていました。

 

 

でも、角膜が薄くて普通のレーシックが受けられないのであれば
ラゼックにしたわけですし、まずは先生の診断を受けてからですね!

 

 

よし、申し込んでみようと思い、品川近視クリニックの公式サイトを開きました。
ホームページの必要事項を入力して申し込みをしてみました。

 

 

ポチッとクリックした時、ああ〜ついに受けるんだな〜と思いました。
近視生活ともさよならです。

 

 

この時、適応検査と手術を1日でやってしまうという
1日レーシックプログラムもつけました。

 

午前10:15に適応検査
午後16:00から手術
希望というふうにしました。

 

 

申し込みしてから、めがね、コンタクトから開放されるとしたら
ほんとに便利だなと想像しました。

 

運動をする時のコンタクト着脱のわずらわしさ、
夕方になるとコンタクトでショボショボするわずらわしさ、
毎晩寝る時のコンタクト戦場の面倒臭さ、
ワンデイにするならばコンタクト費用UP、
異物(コンタクト)を毎日目玉に入れることによる危険性

 

これらの問題から開放されると思うと
とても嬉しかったです。

 

 

申し込んだのが2011年7月下旬
適応検査、手術日が2011年8月5日でした。

 

 

私はコンタクトをしていないので、来院までに注意することはないのですが
(注意することは、手術前日はよく眠っておくことくらい)、
コンタクトをしている人は適応検査前2週間はコンタクト禁止のようです。

 

注意事項は、品川近視クリニックのスタッフの方から電話をいただいた時に説明してもらいました。

 

適応検査当日のページに進む


 
TOPページ 適応検査当日 レーシック手術本番! 近視克服!翌日検診 レーシック手術のデータ